ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 2012年最初の外来診察 | トップページ | パートナーの外来診察 »

2012年1月10日 (火)

パートナーもがんです

今まであまりはっきりとは書きませんでしたが、私の大切なパートナーは膀胱がんです。
「膀胱がん…でした」と書ける日が早く来てほしいです。

明日は彼の内視鏡検査の日です。一緒に病院に行きます。午後からはそれぞれに職場へ。

私より患者としてのキャリアは長く、4年以上経っています。初発と1年後の再発のときの様子は詳しく知りません。お付き合いし始める前のことなのです。初めてお会いしたのは1990年代の終わりころでしたが、ずっとご無沙汰していました。2008年の秋に再会してお付き合いを始め、やっと3年と少し経ったところです。付き合い始めて半年で私が乳がんになり、彼はどう思ったでしょう。心の中はわかりませんが、ずっと支えてくれています。

昨年7月に続き、明日が半年に1回の内視鏡検査&尿検査の日です。パートナーは口が重いので、お医者様にもあまり質問をしません。私が付いていくと少し質問がしやすいようです。

二人揃ってサバイバーになる計画です。二人揃って長生きしたいと思っています。
心からそう願っています。

« 2012年最初の外来診察 | トップページ | パートナーの外来診察 »

パートナーのがん」カテゴリの記事