ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 植物性乳酸菌のススメ | トップページ | 血液検査に思いを込めて »

2011年10月 7日 (金)

記憶が飛ぶ・・・

酔っ払って寝てしまい、翌朝、記憶が途切れていることは、仕方がない。
最近はお酒の量がずいぶん減っているし、おうち飲みをしていないので、そのようなこともあまりない。

ただ、ホルモン治療を受けるようになってから、記憶力が弱くなっているのは間違いなく感じている。先日は、「Aだったか、Bだったか」という会議の結果を覚えていないことにショックを受けた。自分はもしかしてその会議に出なかったのではないかと思ってしまったほどだ。

なるべくメモを取るように。ただ、メモを取る前にすでに忘れてしまっていることもある。
ただの老化、ただの更年期障害と片付けられない違和感を感じる。何かを取りに別の部屋に行ってみて、そこで何を取りに来たのか思い出せない、という話はよくあるが、そのようなものとやや異質な感じ。討議して、みなで話し合って、決めた結論。話し合いの経緯は忘れてしまっても良いが(でも、通常忘れるようなことではない)、結論そのものを忘れてしまっている、というのは、がっかりを通り越す。

実害が出始めている。話し合いにいた人との関係悪化。先方は、「話し合って決めたのに、なぜそのように動かないのか」と思っているらしいが、私はそんなこと決めたことすら本当に、全く、きれいに、忘れている。議事録を見るのが怖い。

あと何年飲むのか、アロマシン。飲み終わったら記憶力は戻るのか。

ホルモン治療を受けているみなさま、本当にお気をつけください。

« 植物性乳酸菌のススメ | トップページ | 血液検査に思いを込めて »

ホルモン治療とその副作用」カテゴリの記事