ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« ついに遠近両用コンタクトレンズ | トップページ | 叔父が亡くなった »

2011年9月24日 (土)

太ってはいけないのに・・・

2月末~3月はじめにかけて子宮筋腫摘出のために入院したが、退院間際に激しい蕁麻疹になり、ステロイド服用を始めた。服用は5月に終わったが、その後2か月くらいはいわゆる「ムーンフェイス」状態が続いた。もうひとつの副作用が「食欲増進・体重増加」だった。これは、皮膚科医から忠告されていたことではあった。

ただの副作用ではなく、子宮筋腫の手術が終わり、当面、入院加療の予定がなくなった、という解放感もあったと思う。退院して2週間で東北大震災が起きたが、そのころからとても一生懸命食事を作り始めた。そして食べる量も増えた。

結果、3月はじめに退院したときと比べ、半年で3キロ太ってしまった。先週の形成外科外来で「3キロ太りましたぁ~」と報告すると、形成外科主治医Y医師は、「3キロって、かなりですよね・・・」という反応。

3キロ増えるとベルトの穴が1つ大きくなる、というが、まさにそんな感じ。服のサイズも1サイズ大きい方が楽な感じ。さらに、再建した胸が大きくなってしまった。これも、Y医師から忠告されていたこと。「太ったら、胸が大きくなるよ。お腹の脂肪を移植してあるんだからね」と何度も言われていたのに。

乳がん手術後に「太らないように」と言われていたのに。とても気をつけていたのに。この半年、今まで食べないようにしていたもの(主に肉類や塩分の多いもの)をだんだん自分に解禁するようになってきていた。気持ちの緩みがあったとしか言えない。

ざっくり言って、がんは脂肪をエサとするわけだから、脂肪がつきすぎてはいけない。いまから3キロ落とすのは、なかなか大変そうだ。でも、初心に返らなくては。

・・・そんなわけで、まずできること、と考え、「おうち飲み」をやめました・・・。ガンバリマス。

« ついに遠近両用コンタクトレンズ | トップページ | 叔父が亡くなった »

思うこと」カテゴリの記事