ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 新しい人間になること… | トップページ | 久しぶりの乳腺外科外来受診 »

2010年10月17日 (日)

リレー・フォー・ライフの紫のリストバンド

少し前のことになるが、リレー・フォー・ライフ in Tokyo に行ってきた。10月9日(土)は大変な雨で、会場のお台場潮風公園に着いた午後4時ころは、すでに地面は水浸し。テントの屋根からときどきジャーッと水が流れ落ちるような天気だった。これまで準備されていた方々が気の毒だった。

初めて訪れたが、受付の方々もみな明るく親切で、「患者です」と言うと「無料です」。その分を寄付の箱に入れてきた。鮮やかなパープルのバンダナとリストバンドをいただいてすぐに腕にはめた。

ルミナリエにがん友の名前とパートナーT氏の名前を書いてハートマークをたくさんつけて、係の方に託した。一緒に行ったがん友と「一回りだけはしようよ」と話して、びしょびしょに濡れながら、会場を一回り歩いた。

乳がんだけのイベントと違って、性別も年齢層もさまざまな方がいて、励まされた。ご夫婦やカップルで参加している方、仕事帰りのようなスーツで参加している方、それぞれの思いを抱えながらここへ来て、勇気と、思い出と、温かい気持ちをオーラのように発信していると思った。

暖かい服装で行ったつもりだったがとにかく風雨が強く、着ていた服がびしょぬれになってしまい、ルミナリエ点灯の直前に会場を出た。風雨をしのげる場所がなくて残念だった。この天気だと、具合のすぐれない方は無理だったろう。来年の好天を祈って会場を後にした。

ゆりかもめに乗ると、もう、別の世界のよう。ほんとうに不思議な感覚だ。買い物帰りの人や外国人観光客で込み合う車内で、私たちはリレー・フォー・ライフと病気のことを静かに話していた。「来年も元気でまた一緒に来よう」と2人で約束した。

会場で頂いて右手首につけたパープルのリストバンド、先週のCT検査のとき以外は24時間ずっと着けている。そこには、一番大きくHOPE と書かれていて、少し小さい字で RELAY FOR LIFE JAPAN、 さらに小さい字で JAPAN CANCER SOCIETY と書かれている。もうしばらく外さずにいようと思っている。

« 新しい人間になること… | トップページ | 久しぶりの乳腺外科外来受診 »

思うこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リレー・フォー・ライフの紫のリストバンド:

« 新しい人間になること… | トップページ | 久しぶりの乳腺外科外来受診 »