ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 退院しました | トップページ | 連休の下町散歩(1年たって…) »

2010年5月 3日 (月)

手術後初シャワー

乳頭再建をされた方のブログを読ませていただいていると、手術後しばらくシャワーはだめと言われている方もいらっしゃるようだ。私の形成外科主治医Y医師は、「退院したらすぐシャワー浴びてください」と言った。「ただ、胸のリングに手をひっかけないように気をつけて」とのこと。それを受けるように看護師さんから「手に石鹸を泡立てて、なでるように洗ってくださいね、こすらないようにね、そしてよ~く洗い流してくださいね」と親切なアドバイス。まだ再建した乳頭をじっくり見るチャンスもなかったので、シャワーを浴びるのを楽しみに、昨日退院した。

でも、昨日は疲れていたのか帰宅後はほぼ寝込み、夜になってもシャワーを浴びる元気が出なかった。でも今朝はしゃっきり起きられ、いよいよシャワー。乳頭と胸の傷をおおっていたガーゼをそっとはずすと、おおっ!しっかりと乳頭ができている。思ったより大きい。沈むことを想定したサイズなのだろう。乳頭にはめられたリングには台があって、それがガーゼと縫い合わされている。ガーゼは何箇所かで皮膚にも止められている。かなり複雑。乳頭にも、ガーゼにも血がついていて、まだまだ少々「おどろおどろしい」感じになっている。でも、これで抜糸が済んでリングも取れれば、ずっと自然な感じになるのだろうと思えた。

胸の傷も、本当にきれいに縫い合わされている。形成外科の先生方って、なんて器用なんだろう、と思ってしまう。看護師さんたちも言っていた。「そうなんですよ、私たちだって縫物する時、糸を針に通すのって大変じゃないですか?それが、形成の先生方って、本当に器用に、細~い糸をスル~って小さい針穴に通しちゃうんですよね。すごいんですよ。」

無香料の石鹸を泡立て、言われたとおりに丁寧に洗う。今まで何もなかった胸に、立派な乳頭が2つ出現している。バスルームの鏡に映して、まじまじと見つめてしまう。

お腹の修正のあとは、まだかなりヒリヒリする。傷口の周囲2,3センチが赤くなっている。炎症にならなければいいのだが。

デジカメ写真を撮ったが、まだ公開するには刺激が多そうなので、もう少し落ち着いてからの写真をアップしようと思う。…というか、乳頭ができたら、急に写真をアップするのが恥ずかしく思えてきてしまった。不思議な気持ちの変化である。

« 退院しました | トップページ | 連休の下町散歩(1年たって…) »

再建にまつわるあれこれ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術後初シャワー:

« 退院しました | トップページ | 連休の下町散歩(1年たって…) »