ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 術後5日目です。 | トップページ | 術後8日目です。 »

2010年2月22日 (月)

術後1週間です。

2010年2月22日(月)

手術から早くも1週間を経過した。現在の状況は、

(1) 胸の傷口(体の外側)に外側に向けてドレインが2本。左右で計4本。
(2) お腹の傷口左右両端に外側に向けてドレインが1本ずつ。計2本。

ドレインは柔らかいストローのようなもので、バッグはついていない。そのため、厚くガーゼ(初めのうちはさらに紙おむつ)をあて、その上から防水紙でくるみ、さらに胸帯と腹帯でおさえている。分泌物が減るにつれ、ガーゼ交換も2時間おきから4時間おき、8時間おきへと間隔が広くなってきた。

飲んでいる薬は6時間おきにロキソプロフェン(鎮痛剤)、セルベックス(胃薬)、ミオナール(筋弛緩剤)。各食後にマグミット(便を柔らかくする)。そして毎朝のタスオミン(乳がんのホルモン治療剤)。

両胸は順調。術後すぐに脂肪がゴツゴツして丸みが足りないと思った右胸も、日が経つにつれてうまく丸みを帯びてきた。まだまだ内出血などであちこちが黒、黄色、紫色になっているが、これは時間とともによくなるはず。

これだけの膨らみを2つ作るだけの脂肪を供給してくれたお腹は、長い傷口をはさんでピチピチに張っている。傷口の下部は皮膚は張り詰めているが、その下にぼこぼこしたくぼみを感じ、形成外科主治医Y医師に聞いてみると、「取り残した脂肪が波打っているのかな」ということだった。回復後のエクササイズが大切と言われた。傷口の上下とも感覚はとても鈍い。500グラム余りの脂肪をとったはずなのに、鏡に写してみると、下腹部は茄子のように膨らんでいる。退院後少しずつエクササイズをして筋肉を鍛えていくことが必要なのだろう。

待ちに待った再建手術から1週間。最初の3日間は本当に苦しかったが、ようやく落ち着いてきた。今は、Y医師から預かったアンケート用紙に悩んでいる。「あなたはなぜ再建したのか」という質問はなかなか難しい。ベッドの中でゆっくり考えたい。

« 術後5日目です。 | トップページ | 術後8日目です。 »

4回目の入院 (2010年2月)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 術後1週間です。:

« 術後5日目です。 | トップページ | 術後8日目です。 »