ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 再建前最後の形成外科外来 | トップページ | エキスパンダーの入った胸も温かい »

2010年1月26日 (火)

支え合って生きていきたい

不安な気持ちをパートナーT氏に聞いてもらった。彼は、静かに私の話を聞いて、きっと大丈夫と、太鼓判を押してくれた。彼も、乳腺外科主治医D医師とは何度も面会して、直接話をしており、D医師の見立てに信頼を持っている。

不安な気持ちを持ってしまうことはしかたないけど、でも、結果が出たらそれを受け入れる強さがほしいね、と話し合った。でも、なかなか難しいね。じたばたしてしまうね。

一筋縄で行かないことがあっても、一緒にもうひと頑張りしてみましょうか。

「再発しても、転移しても、一緒にいてくれる?」と聞いてみた。

微笑んで、「どっちかが死ぬまで、一緒にいましょう」と言ってくれた。

「でも、私の方が長生きしなくちゃいけないんだよね?」

「まぁ、それが理想だけど、僕が看取ってあげてもいいよ。」

「私が看取ってあげてもいいのよ。でも、体の大きさが違うから、私、体力つけないと介護できないね…。」

「大丈夫、その頃にはやせてしまってるだろうから…。」

微笑みながらそんなことを言い合い、胸の中が温かいもので満たされた。交際するようになってから発覚した私の病気。こんなに自然に受け止めてくれるT氏に感謝の気持ちでいっぱいだ。…彼自身もまた、サバイバーを目指している。

心も、体も、支え合って、生きていきたい。心から、そう思っている。

« 再建前最後の形成外科外来 | トップページ | エキスパンダーの入った胸も温かい »

再発の不安」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支え合って生きていきたい:

« 再建前最後の形成外科外来 | トップページ | エキスパンダーの入った胸も温かい »