ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 吊り革につかまれた! | トップページ | 乳がん手術後の腋の下の手入れ »

2010年1月 9日 (土)

胸を流れる汗がわかった

年が明けて初めて買い物に出かけた。屋外と屋内の温度差が激しく、おまけにホットフラッシュが時折やってくるので、体温管理は至難の業。

気に入ったセーターがあった。「試着できますよ」と若い店員の声。9月に左胸にエキスパンダーを入れて左右がある程度揃ってからは、試着への怖さがだんだん減って行ったが、かぶって着るものは、両手を上げたときにエキスパンダーがクリッ、クリッと動くような感じがして、なかなか大変。

それでも、その白いセーターが着てみたくて、試着をお願いする。胸の形がはっきり出るセーターを試着してみよう、なんて、私もずいぶん進歩したものだ、と思いながら試着室にはいる。

そのとき、「あれっ?」久しぶりの感覚。胸の谷間を汗がつるっと流れているのがはっきりわかった。最初は「店の中が暑いから汗かいてしまった、セーターの試着まずいかな」と思っていたのだが、そのうちに、「あら、私、胸に汗が流れているんがわかったんだ!」と、思いがけずうれしい気持ちに。

帰宅して、さっそく指で胸に触れ、どの位置にどのくらい感覚が戻っているかを確認した。以前は触っていることさえわからなかった胸だが、今はどこを触ってもわかる。胸の外側ほど感覚がはっきりしている。中央はまだ鈍い。

毎日少しずつの進歩がうれしい。再建手術を受けたら、またしばらくは感覚が後退する。それはわかっている。でも、また戻るよ、きっと。

ゆっくり、ゆっくり、進んで行こう。

« 吊り革につかまれた! | トップページ | 乳がん手術後の腋の下の手入れ »

再建にまつわるあれこれ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胸を流れる汗がわかった:

« 吊り革につかまれた! | トップページ | 乳がん手術後の腋の下の手入れ »