ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« ホットフラッシュには羽毛ふとんが良いのでは…? | トップページ | 再建手術日決定! »

2009年12月12日 (土)

形成外科で尋ねたいこと

相性もあるが、何となく話が続きにくい医師がいると思う。信頼しているがゆえに、いろいろ質問し過ぎるのも失礼かと思うときもある。でも、この病気になってわかったのは、本当に一人一人状況が異なり、治療は「お仕着せ」でなく「あつらえ」であり、また患者自身が選択を迫られることも少なくないということだ。それだけに、医師は患者に必要な情報をきちんと提供することが大切だし、患者もまた、自分で情報を集める努力をすることが必要だと思う。

私の形成外科主治医Y医師は、それほど言葉の多い人ではないが、こちらからの質問には丁寧にいくらでも答えてくれる。そして必ず「もう質問はないですか」と聞いてくれる。録音機を持参してやりとりを記録するのも全くいやがらない。それだけに、知りたいことをきちんとメモにして準備し、聞きもらしのないようにしたい。

12月10日、1か月ぶりの外来受診。わからないところをはっきりさせたくて、事前にかなり詳しくネットを調べ、何冊か本も新たに購入した。質問事項をメモにして、それを見ながら質問した。

Y医師は明快に説明してくれ、たまっていたモヤモヤをすっかりきれいにすることができた。再建手術への恐怖感もかなり薄れ、Y医師への信頼感も200%アップした。

私が知りたかったのは、主に以下の2点。

(1)Free TRAM flap (遊離横行腹直筋皮弁) とDIEP flap (深下腹壁動脈穿通枝皮弁) の違い
(2)Free TRAM flap (遊離横行腹直筋皮弁) の具体的な手術の手順

(1)については、この2つの術式のコンセプトには大きな違いがなさそうだと思っていたが、自分が受ける術式がどのようなものなのかをきちんと確認しておきたかった。色々な病院のホームページでも、書籍でも、この二つがどのくらい劇的に異なるのか、あるいは、一方が他方より明らかに優れた術式なのか、そのあたりが、どうしてもはっきりしなかった。それがわかった。

(2)については、アメリカの医療機関のホームページにアップされているビデオなどを見ても、よくわからないところが多かった。私は両側なので、一方を手術している間、もう一方はどうなっているのだろうか、とか、単純だけれども聞いておきたいことがいろいろあった。それが、かなりイメージできるようになった。

以上の2点については順次、ここに書き込んで、忘れないようにしておきたい。

« ホットフラッシュには羽毛ふとんが良いのでは…? | トップページ | 再建手術日決定! »

再建にまつわるあれこれ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 形成外科で尋ねたいこと:

« ホットフラッシュには羽毛ふとんが良いのでは…? | トップページ | 再建手術日決定! »