ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 体がついていかないとき | トップページ | どんな再建を望むのか »

2009年12月 3日 (木)

毎日新聞が「センチネルリンパ生検」を紹介

12月2日(水)付毎日新聞朝刊で、センチネルリンパ生検の紹介がされている。

私が5月にこれを受けたときにはまだ治験段階で、私たちがデータを提供することで、認可への基礎作りがなされるのだと説明され、「実験に参加する」という同意書のようなものに何枚もサインした。これが、9月に『安全性と有効性が確認され、正式に使用できるようになった』というもの。自分が乳がんになって半年の間に、ものごとは確実に動いている。(←2009年5月21日のエントリー参照)

乳がんが疑われる患者の初診を行い、告知し、治療計画を患者一人一人のために立て、検査し、手術し、治療し、その間に、こうしてがん患者のための有効な検査手段や治療手段のデータ収集、検証を行う。論文を書き、発表する。医師の努力に素直に頭が下がる。私がお世話になった乳腺外科医師の方々、研修医の若者たち、みな、病院に住み込んでいるのかと思うほど、いつも、病院にいた。

私はセンチネルリンパ生検で右1個、左4個のリンパ節を取り出し、病理の結果、リンパ節郭清は不要と判断された。おかげで、今でも注意はしているが、問題となるようなリンパ浮腫は起きていない。先進医療として、保険外の料金を払ったが、その価値はあった。これが保険医療となれば、その恩恵はさらに広がる。(←2009年5月24日のエントリー参照)

センチネルリンパ生検が保険医療として受けられるときが早く来ることを強く願う。そして、医師、看護師、検査技師の方々が元気で、意欲を失わず、がん治療に立ち向かい続けていけるような環境が整うことも強く願っている。

« 体がついていかないとき | トップページ | どんな再建を望むのか »

思うこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞が「センチネルリンパ生検」を紹介:

« 体がついていかないとき | トップページ | どんな再建を望むのか »