ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« リュープリンの注射は痛くない | トップページ | エキスパンダー再挿入手術 »

2009年11月23日 (月)

ホットフラッシュと体温上昇

ホットフラッシュというものについて、知識としては知っていたが、自分に起こってみると、予想以上に不快である。何の前触れもなく、かあっとからだの内側から熱が出てくる感じ。じわじわと汗もかく。昼間も仕事中などに急にからだが熱を持つ。睡眠中は、約2時間おきに暑さのあまりに目をさます。肘の内側に流れるような汗をかいていることが多い。これを2,3回繰り返して朝が来る。疲れがとれないと感じることもある。

からだが熱くなるのは気のせいなのか、本当に体温が上がるのか、知りたくて、ある日、熱くなると同時に体温計で体温をはかってみた。私は平熱が36.5度なのだが、ホットフラッシュが出ているときには37.0度~37.3度になっていることがわかった。本当に熱が出ているのだった。

乳腺外科の外来で主治医に何かこれをやわらげる方法はないか、と聞いたが、慣れていくしかない、ということだった。

漢方薬などを服用している方もいらっしゃるようだが、現在のところ、服用している薬以外のものを飲みたいとは思っていない。主治医の言うとおり、前向きな気持ちで慣れていくしかないのだろう。

« リュープリンの注射は痛くない | トップページ | エキスパンダー再挿入手術 »

ホルモン治療とその副作用」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットフラッシュと体温上昇:

« リュープリンの注射は痛くない | トップページ | エキスパンダー再挿入手術 »