ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 人を傷つける言葉 | トップページ | 迷い »

2009年5月10日 (日)

セカンドオピニオン

5月10日(日)

明日は、G病院のセカンドオピニオン外来に行く。もうすでにD医師の治療方針に納得している私であるが、その方針を裏打ちしてくれるセカンドオピニオンが頂ければ、心強い。

しかし、質問としては、「本当に切らなければならないのか」という根本的なところから尋ねてみようと考えている。全摘することが最善の治療法であるのか、そこを確認したい。そこから尋ねることが、自分自身を納得させる最も良い方法だと感じている。

また、D医師は術前化学療法はおそらく不要、全摘後の放射線治療もおそらく不要、という考えだが、提出した資料を見て、G病院の医師がどのように判断されるのか、それも知りたい。

知りたいことばかりだと、逆に何を聞いたらよいのかわからなくなる。明日お会いするG病院の医師が、D医師のようにきちんと説明してくれる人であることを願うばかりだ。小型のレコーダーを持参して、許可を受けた上で録音して来ようと思っている。あとで聞き直すことはしないような気がするが。

それにしても左胸のしこりが痛む。時々は引きつれる感じがする。本当にリンパ節転移はないのだろうか。今思い悩んでも仕方ないのだが、頭から離れることがない。

« 人を傷つける言葉 | トップページ | 迷い »

乳がんと診断されるまでの経緯」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカンドオピニオン:

« 人を傷つける言葉 | トップページ | 迷い »