ランキング投票

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Furries' Books

お買いもの

  • 医学書なら…
  • カップ付キャミソールなら…

ここを訪問してください

  • みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム
無料ブログはココログ

« 乳がんと診断されるまでの経緯 (6) | トップページ | 医療費 (1) »

2009年4月29日 (水)

乳がんと診断されるまでの経緯 (7)

4月29日(水)

3月第3週の自治体無料マンモグラフィーから今日でちょうど6週間。42日目である。6回に分けて、この間の経緯を思い出してみた。これで、このブログの最初のエントリー(←「バイオプシー」参照)に戻ることになる。これから先は、ほぼリアルタイムで更新していけると思う。

この6週間、ここに書き出したこと以外にも色々なことがあった。それらは、また機会を見て、別のカテゴリーを設定して書いてみたいと思う。

いよいよ、明日、D医師の診察を2週間ぶりに受ける。午前中仕事をして、それから病院に向かう。T氏が仕事を抜けて同行してくれる。昨夜は私の親友と3人で食事し、その後2人でバーに行った。カップルやグループが楽しそうに飲んでいる姿は、本当にいいものだ。彼はバーボン、私はスコッチを美味しく飲みながら、D医師に尋ねる質問をおさらいした。私が両側の乳房を失うことについては彼にも動揺がある。それはそれでうれしい。でも、私たちは、「どこをどう削ってでも、私がT氏より長生きする」ことを約束している。私はこの約束をとことん守り抜きたい。

明日は、血液検査、細胞診、MRI、これらすべての結果がわかる。検査の予約の都合上、骨シンチとCTは明後日となっているが、これまでの検査の結果で、がんの状態も、転移の状況もある程度わかるはずだ。何とか、転移だけは免れたい。転移が起きていないことを祈りたい。それだけを、それだけを、祈りたい。

« 乳がんと診断されるまでの経緯 (6) | トップページ | 医療費 (1) »

乳がんと診断されるまでの経緯」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳がんと診断されるまでの経緯 (7):

« 乳がんと診断されるまでの経緯 (6) | トップページ | 医療費 (1) »